洗顔方法を見直すだけで憧れの美白になれる

女の人
レディ

予防の意味を込めて洗おう

20代の肌はまだまだターンオーバーがスムーズなために元気で美しく、シミやくすみに悩まされている人は少ないと思われます。しかしながら、20代からの早めのケアがその後の肌年齢を左右しますので、洗顔料だけは美白にこだわるといいでしょう。

顔を洗う人

美白美容や洗顔

肌を白く美しくするには洗顔が大事です。毛穴を清潔にすることで美白成分の化粧水などを肌の奥に浸透させることができます。また美白にはハイドロキノンと言った肌を白くする成分の入った化粧水や美容液を使うことが大事です。

しみやくすみの対策

女の人

スキンケアとインナーケア

しみやくすみは一日二日で治すのは困難です。毎日のスキンケアで、こつこつと改善していく必要があります。クレンジングや洗顔をするときに皮膚を強く擦るとメラニンが活性化するので注意が必要です。出来る限り肌に手を触れないようにして、泡で汚れを浮かすようにして洗顔するのがポイントです。洗顔をしたあとはすぐに美白系の化粧水をつけます。美白化粧水にはしみやくすみを予防する効果があります。すでに出来てしまっているしみやくすみには、医薬品配合の美白化粧水がおすすめです。医薬品だと化粧水よりも強い美白効果があります。洗顔やスキンケアも大事ですが、体の中から美白することも大切です。美白効果がある成分はビタミンCです。ビタミンCにはしみの原因であるメラニンの活性化を予防する働きがあります。さらにコラーゲンの合成力を高める働きもあるので、肌にはりがでてしわが改善します。ビタミンCはレモンやパプリカなどに多く含まれています。食べ物から摂るのが理想的ですが、毎日食べるのは大変です。そんなときにはビタミンCのサプリメントやアセロラドリンクがおすすめです。ビタミンCのサプリメントは、健康のためなら一日100mgでもいいですが、美白のためなら2000mg以上飲むのがおすすめです。しかもビタミンCは体内に長時間蓄積できない水溶性のビタミンです。一度に大量に飲んでも、すぐに汗や尿と一緒に排出されます。24時間一定に保つために、2時間や3時間おきに飲むのがおすすめです。

婦人

毎日できる美白ケア

シミやくすみはちょっと油断するとできます。紫外線を予防し、洗顔をしたあとは乾燥しないようにすぐに化粧水をつけて保湿することが大切です。さらにビタミンCのサプリメントを毎日飲むと美白効果がアップします。