スムーズに講師に依頼する方法【派遣会社の利用がスムーズ】
ロゴ

講師を依頼するなら派遣会社の利用がスムーズ

講師料の支払い方法

講演会で講師をしてもらった人に講師料を支払うタイミングですが、通常講演会終了後1週間以内くらいに銀行振込になることが多いです。なお、そのタイミングで講師に対してお礼状を送付しておくと、また仕事を依頼しやすくなります。

公開講座と講演会の違い

公開講座は基本的には授業

公開講座はもともと大学などで、臨時講師を招いて専門的な話をしてもらうものです。現在では企業などでも開催されるようになりましたが、基本的には授業となります。スタイルとしては、講義や演習、実験、実技、実習など多様なスタイルをとります。

話を聞くスタイルが講演会

一般的には講演会は、講師が壇上に上がってあるテーマについてお話をしてくれるものです。聴衆者としては、講習会のテーマによって様々です。スタイルとしては、講師の話を一方的に聞くスタイルとなります。

スムーズに講師に依頼する方法【派遣会社の利用がスムーズ】

女の人

派遣会社に講師を派遣してもらう方法

講師の派遣を依頼する時には、派遣会社に依頼するとスムーズに講師を手配可能です。この場合には講師派遣会社に電話やメールなどにて問い合わせを行いますが、講演会の目的やテーマ、予算などをハッキリと伝えることが大切です。派遣会社では、顧客のニーズにあった最適な講師を手配してくれ、スケジュール確認や講演料の交渉をしてくれます。

男性と女性

インターネットを使った申し込み応報

多くの講師派遣会社では、インターネット上にホームページを持っています。そこには、その会社に登録されている講師リストが記載されています。会社によっては、講演会のテーマと予算を選択すると自動的に最適な講師をリストアップしてくれるようになっています。多くの会社のホームページでは、気に入った講師を選択すると問い合わせフォームに進めるようになっていますので、そこから問い合わせを行います。

申し込みから当日の流れ

講義

企画の打ち合わせをする

講師派遣会社に申し込みをしたのちには、講演会の目的やテーマ、予算などを記載した企画書をもとに講師派遣会社のスタッフと打ち合わせを行います。会社によっては企画段階で相談に乗ってくれます。

講師を選択する

企画に見合った講師を講師派遣会社は選んでくれます。なお、講師のスケジュール調整や講演料の交渉などは講師派遣会社のスタッフが実施してくれます。講師選びの材料としては、講演会のテーマと予算になります。

事前準備をする

講演会に向けて、当日必要な機材や会場の手配を行います。また、講演会を開催することを多くの人に告知するために、インターネットやポスター、チラシなどを活用してプロモーション活動も行います。

当日の進行をする

当日は、講師派遣会社のスタッフが講師を連れてきてくれます。その際には、講師用の控え室を用意しておくのが一般的です。また、当日の準備としてはプロジェクターやマイクの設置などがあります。

広告募集中